私はずっとフリーターで人生を送ってきたので、カードローンやクレジットはなかなか審査に通らない事がありました。
大手のアルバイトでも大丈夫と言われたカードでも審査に落ちた事があります。
でも今はこんな私でもクレジットは作れました。

クレジットカードを持つようになって思うことは本当に便利です。
クレジットカードは手持ちにお金が少ない時でも、商品が購入できる魔法のカードです。
カード会社がそのカードの持ち主がちゃんと決められた日に支払いしてくれるだろうという前提でカード会社が発行しています。
すなわち、クレジット=信用です。
ある意味信用カードを持てる時点で信用できる人ととらえられます。

たとえば、海外のホテルではチェックインの際にクレジットカードの提示を求められるケースが多いです。
決済ではなく、そのクレジットカードが使えるかどうかを見ているのです。
しかしながらクレジットカードが持てない人も中にはいらっしゃいます。
基本的に2つのパターンのどちらかに当てはまるのでクレジットカードが持てない事があります。
その方々には審査は厳しいと感じてしまうかもしれませんね。

1つ目は過去の支払実績が決められた時に支払いをしていないケースです。
昔はまことしやかに、勤続年数が短いから審査が通らなかったといわれますが、そんな事はありません。
ちゃんと過去の支払実績が分かる方であれば、大きな金額の承認はおりないかもしれませんが、たいていはおります。
クレジット会社が一番見ているのはやはり実績です。
今は携帯電話も分割払いになっていますので、携帯電話の料金もちゃんと決めらた期日に支払っていないと、クレジットカードが通らない事もよくありえます。すべてにおいて必ず決められた日に払えれば一番です。
しかし私も過去に支払いを先延ばしにしてきた経験もあります。
そんな私でもクレジットカードを作る事が出来たので諦めないでください。
>>>審査が甘いクレジットカード

2つ目は、クレジットカードにおける法律です。
割賦販売法という法律があります。こちらは申込者の属性状況(結婚しているのか、持家なのか、扶養しているか)によって法律上クレジットカードの限度枠も決まっています。
しかし、クレジットカードの翌月1回払いは実は割賦販売法の法律には当てはまりませんのでこの限りではありません。

たとえば、リボや10回払いで支払いをしようとする際の法律になります。
最近のクレジットカードの明細書では、一括払いの枠と分割払いの場合のクレジットカードの限度枠がことなっています。
分割払いの場合は、年収ー(生活維持費+年間のクレジット支払額)90%と決まっています。
生活維持費は国で決められており、前述しました申込者の属性によって異なります。
たとえば、年収400万円、配偶者あり。子供2人、住宅ローンあり、年間クレジットの支払額100万円の場合。
この方は400-(240+100)×0.9=54万円の限度枠の分割枠のカードしか持てない事となります。

このように過去に実績が悪化している人、年収が少ない人は審査が通らない事もありますが、なかには1回払いであればクレジットカードが持てるという事もありますので、まずは年収はきっちり税込年収の記載と、支払は遅れないようにこの2つを気をつけるだけでも審査は通りやすくなります。
ぜひ試してみてください。